FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンマのお値段ウラ事情は

2010.09.16 16:27|農業問題
北海道新聞 2010年8月30日 新聞記事より抜粋


この夏はサンマの不漁にあえいだ根室・花咲港では1kg3000円の市場価格がつき、地元の鮮魚店では1匹500円台で並んだ。不漁なのに東京で産地より安く(1匹150円)で買えるのは何故か?

その仕組みを追うと、強大な販売力を背景に一定の量・価格を求める量販店と、好、不漁に影響される水産物(農産物も同じ)価格のはざまで翻弄される関係者の苦しい立場が浮かび上がる。

 8月19日花咲港で水揚げされ、市場で1㌔ 3千円前後の高値がついたサンマ。1匹480円になる計算だ。
東京へ運ぶと1㌔250円の加工・運送費がかかり、原価は1匹500円を超える。 ところがその週21・22日、末東京のスーパーでは、一匹150円の特売価格として売られた。

 水産流通関係者によると、ある大手量販店グループが21,22日の特売を計画。事前に価格と数量を決め、仲卸や東京・築地の大手卸を通じて根室の水産加工会社に発注したが、水揚げ量は道東4港で144トンと前年の一割。
受注量の確保を優先した加工業者は高値で落札、他の業者もつられて高値で買わざるを得なかった。
浜値はこれをピークに急落する。

 量販店の特売が、不漁による価格高騰に拍車をかけた。
関係者によると、かつては水産物の小売価格は産地の浜値を基に決まったが、二十数年前から量販店主導となり、ここ10年程はその傾向が顕著になった。
☆量販店の特売価格はチラシの印刷、配布を考慮して水揚げの2週間から10日前に決まる。

 「一億円の赤字が出たらしい」・・・その週末、こんなうわさが根室で飛び交った。
東京着500円の原価のサンマを 特売価格で売りその差額がざっと計算しても1億円以上。
  
 この赤字をだれが負担したかは霧の中。
複数の関係者によると通常、量販店は負担せず、卸や仲卸のほか、産地の加工業者も負担し、その後の取引で穴埋めをする形になると言う。
 市場関係者は『量販店から頼まれると卸も仲卸も、産地の業者も、サンマ以外の取引があるから断れない、ただ、消費者に安い商品を提供すると云うのであれば、量販店も相当なリスクを負うべきだ。』と憤りを込めて語る。

 「1億円の赤字」について この量販店は『そのような事実はない・・・』と話している。

・・・以上が記事の抜粋ですが 特売の陰に泣く泣く関係者は
   漁業ばかりではなく農産物の関係者も同じ立場かもしれません。

 自分で果樹園を管理し、収穫する労働の中で
        食べ物の有難さが、生産/労働の厳しさが判ります。

      今日1日の食事に恵まれた事、その上貴重なサンマが
      我が家の食卓に・・・・本当に感謝です

コメント

秋刀魚はもう出まわっているんですかね?
今年まだ、食べた記憶がないけど・・・
秋刀魚は秋だもんなあ?

鹿児島は、朝晩涼しくなったけど
日中はまだまだ暑いし・・・

Re: タイトルなし

今年は秋刀魚 ことに大きく太って脂がのった物は手に入りませんね。
北海道でもなかなか手に入らないとか・・・送って頂いて幸運と思っています。
山梨のスーパーにある秋刀魚は細くて小ぶりです、買う気になりません。

鹿児島まではこの暑さが残る秋では 秋刀魚はたどり着けないでしょう。
数年のうちにニシンのように 輸入物しかなくなるのでしょうか?心配です。
非公開コメント

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Hiromi

Author:Hiromi
花とフルーツに囲まれた緑の暮らし。
果物、特に桃大好き!ジューシーな本物のフルーツを食べたくて山梨で果物栽培&ドライフルーツやハーブ作りを楽しんでいます。
果樹園の暮らしはお肌も心も潤って艶やか。
★桃の花が咲くころは絶景!フルーツの庭はハーブのお花も綺麗、夏は甘い果物いっぱいの庭になります。
麗しい田舎暮らしをブログに紹介することが農地を保存するお手伝いに繋がると嬉しいですネ。
果物作りって新しい歓びが湧きますよ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ようこそカウント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。