--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.10.23 13:22|こだわりの暮らし
かつての医療は「呪術」でした。病気はすべて神の祟りで、天罰として考えられ
ていた時代が長かったのです。

そこでは祈ったり祭事を行ったりすることが医療。病気になったら、あとは天にす
べてを委ねるだけ。患者も家族も、他に方法がなかったわけなのです。
映画やドラマなどでひたすら祈祷するシーンを見る事も多いですね。


そこに1人の人物が登場します。その名はヒポクラテス。

今から約2400年前の人物ですが、別名“医学の父”ともいわれます。
彼の登場により、呪術的なそれまでの医療に変革が訪れたのです。

「症状は神の祟りといわれるが、果たして本当だろうか・・・?」、ヒポクラテスは
疑問を抱きました。
そこで症状をじっくり観察し、病気が治っていく過程に注目したのです。

発熱や炎症、それに伴う痛みや苦しみは、治癒に向けて避けて通れないプロセス。
だからいたずらに悲観すべきではない。このように症状とは治るための過程だから
むしろ積極的に捉えるべきだと主張したのです。

もしこの説が正しいとすれば、クスリや手術に頼らなくても、自らの治癒力を高めれ
ば解決できる。
問題はどうすればその治癒力を高められるのか。
観察と思索はそこに及んでいきました。・・・・・(メールマガジンから引用)
患者側からすれば日頃の生活・食生活から生命体に力を付けておくことが
大事な事と思いますが・、医師の側から見るとこのように考えらたのです。


ヒポクラテスは1つの結論を導きました。治癒力を最大化するための重要なポイントは、
病者に励ましと慰めを与えること。
それこそが医師の仕事であると主張したのです。


治すのはあくまで患者自身、医師とは患者が自然に治そうとする力にサポートを与える
このことに他ならない。
症状を恐れたり、浮き足立ったりすることなく、痛みや辛さは治癒に欠かせないプロセス
であることを病者に理解させる。
これが有名な「病者への愛」という提言です。


「主」はあくまで患者自身、医師は「従」の位置。


これは肥料も農薬も極力抑えた自然に近い栽培でも同じです。「主」は作物であって、
農夫の私は「お手伝い」の位置に過ぎない。
作物が本来持つ力を最大限引き出すのが、私の農法というわけです。
ご苦労さま、ありがとうと声を掛け
農業歴が長い訳でもなく、経験が深い訳でもありません。
ただひたすら 大地と太陽に感謝して 木々の声、虫の声、小鳥のさえずりに耳を傾け
果樹の枝に語りかけ、そよぐ葉に挨拶をする農業。
機械は無く この小さな体と簡単な農具に頼り 周辺の畑の何倍時間が掛るのでしょう?

でも、たわわに甘く実る果実と ぶどう棚に巣作りする小鳥と ハーブ畑で戯れる虫たちがいる 
この農法を愛しています。

     農業は私のお医者様



スポンサーサイト
2009.08.28 22:17|こだわりの暮らし
暑い夏の日、休む間もなく桃の収穫に追われていたのがウソのよう!

朝晩は寒くて窓を閉めます。(まだ8月よ!) 

午後3時を回ると風が心地よく ウッドデッキではのんびりと・・・こんな具合です。
うとうと、とろとろ・・・・ZZz
私も傍らで ぼんやり・・・・・

  おや!これは? こんなに美しい蝶は見た事無い! 急いでデジカメです。
               ・・・・とまっている時、羽を広げているのは 『蛾』 ?
ツマグロヒョウモン

あれこれ「蛾の仲間」 で調べましたが・・・・困った! 見つかりません。
       そこで、奥の手ではなく助けを求めました。
 
救いの手

これは元々は暖かい地方のチョウで、いまどんどん北上を続けている「ツマグロヒョウモン」というチョウです。(幼虫の食草はスミレ)♀には、褄(ツマ=和服の裾の意味)に黒い模様があるところから、
この名前があります。
虫も鳥も、たいていは♂がきれいなのですが、このチョウは♀がきれいで、そのせいか、♀から名前がつけられています。


・・・・・と、言う事は 温暖化の影響で このチョウが見られたのですね

救いの手=虫の落とし文 さんのHPに写真をUPしてくださいました。
 クリックしてください虫と仲良しになれる 素敵なHPからは虫の詩が聞こえます。
2009.04.27 19:39|こだわりの暮らし
 麗しき初夏の庭を、小屋のウッドデッキから 風と共にながめれば
テラスからの眺め
そよそよと 白樺の葉がゆれ うすみどり色の光が空に融けパステルカラーが広がります。

可憐なブルーベリーの花 この花のように ひそやかに暮らしたい。
周りに誇ることなく・・・・かくじつに小さな実を付けて。 こんな考えが小屋の暮らしにつながり
わたしの小屋作りが始まったのです。
あれは今から11年前。・・・・5月から桃畑を整備して、完成は翌年2月。
小さな住宅は木造平屋 
こだわりのウッドデッキは随分広く、雨の日もゆっくりお庭を眺めるように!
床の下からは大地のエネルギーが感じられる家・・・・
そして、何よりのこだわりは わたしが死んだ後のこの家は
 けっして 地球のお邪魔はしないように・・・・・

許される限り天然素材で建築を進めました。
塩化ビニールのクロスは使わず サイディングも無し・・・素朴に木のぬくもりが伝わります。

フルーツの花咲く小屋の風景

もうすぐ薔薇も出迎えてくれますよ! 小さな家とひろぉ~い庭 ハーブと薔薇と甘いフルーツに囲まれて! この家にふさわしい 質素な暮らしと 果樹園の憩いの時が流れるなかで・・・想うのは
  コンパクトで綺麗 かっこよく便利 快適な最近の生活に埋もれている暮らし
          建築資材・自動車・携帯電話・洗濯機 et cetera。
この便利な暮らしの窓から見える未来は?

       幸福に輝き 笑顔あふれる未来でしょうか
         悲しい滅亡の未来に続いているのでしょうか


クリックして覗いてください: こだわりの暮らし1
2009.01.09 15:42|こだわりの暮らし
私の田舎暮らしの スタート≪コロニーへーヴ≫の暮らしから・・・・

ヨーロッパでは余暇の過ごし方の一つに ちょっと広い畑を持ち 畑には小屋があり
日差しを避けて休憩したり 農作業の道具を置いたりする程度の小屋ですが 
結構お洒落に ウッドデッキがあったり 屋根裏のベッドでお昼寝ができたり、と
郊外でゆったり過ごしながら 畑仕事を愉しむ家庭が多いようです。
街中にある自宅から農作業を愉しむ為に 郊外に畑と小屋を持つ暮らしって素敵
・・・そんな思いから 私も東京から週末農業 ・・・山梨と仲良しになりました。

≪我が家も小屋の延長≫
ウッドデッキの屋根に掛けゴーヤの日除け  小屋のようなお家です  冬のウッドデッキから
夏は日除けで涼しく。  ちょこんと小さい木のお家で 冬はウッドデッキから外の
景色を眺め、晴れた日は日向ぼっこをしたり・・。  家の中の様子
日中は部屋の中で時間を過ごすことは少ないですね・・・雨の日以外は。

続きを読む >>

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Hiromi

Author:Hiromi
花とフルーツに囲まれた緑の暮らし。
果物、特に桃大好き!ジューシーな本物のフルーツを食べたくて山梨で果物栽培&ドライフルーツやハーブ作りを楽しんでいます。
果樹園の暮らしはお肌も心も潤って艶やか。
★桃の花が咲くころは絶景!フルーツの庭はハーブのお花も綺麗、夏は甘い果物いっぱいの庭になります。
麗しい田舎暮らしをブログに紹介することが農地を保存するお手伝いに繋がると嬉しいですネ。
果物作りって新しい歓びが湧きますよ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ようこそカウント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。