--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.10.12 23:09|メディア
山梨日々新聞 10月8日(木)朝刊
DSC06290 (2)
名古屋で行われたバレエコンクールの記事が載っていると今朝、姉(舞ちゃんの祖母)が嬉しそうに新聞を届けてくれました。

国内のこの大きなコンクールで みごと一位に輝いたのは わたしの甥の長女。
まだ東京在住だった3歳のころから始めたバレエ。
大きく成長しましたね。
来年の一月には スイスのローザンヌに向かいます。いよいよ国際コンクールに挑戦です。

ローザンヌで行われるコンクールははバレエ界の登竜門。 
イギリスのロイヤルバレエ団で活躍した熊川さんや吉田都さんもこのコンクールで受賞し、世界のバレエ界で活躍をしています。

  昨日の続きで 葡萄のお話しのつもりが 嬉しい記事に
      私のバレエの夢も 舞ちゃんが追いかけてくれるので これは10年以上前の私です
今夜はバレエの事を書かずにはいられない気分なのです。

私がバレエを始めたのは小学3年生頃。
   山梨市の片田舎ですから 当時『日下部駅』今の山梨市の駅近くのバレエ教室に通いましたが、子供が一人ではいかれない距離。昭和30年頃の事、乗用車を何台も保有する今と違い、随分送り迎えも大変だったと思います。
中学生になって甲府に電車通学でしたが、東山梨駅はローカルな2~3両の電車しか止まりません。
そこから自宅まで人家の極めて少ない道を歩くと20分はかかり 通学とバレエは両立せず中断しました。
舞ちゃんのようにバレエに強い情熱があれば続けたのかもしれませんが・・・・?

  でも、バレエの世界はとても魅力的。辛いことも体力的に厳しいこともいっぱいありますが
とにもかくにもバレエを捨て切れず オントシ 63歳ながらトウシューズを履き踊っています。

舞ちゃんの これからの活躍を我が事のように期待しながら・・・私の心もローザンヌです!

スポンサーサイト
2009.05.08 15:30|メディア
 日本経済新聞
     今から39年前に結婚して新所帯を持った時からの購読ニュースペーパーです。
    あのころを思い出すために書いたのではありませ~ん 

                 下の新聞記事です。
バレエのレッスンに行ったら友人がこの新聞を差し出し、載っていると教えてくれました。

2009.4.27 夕刊の記事
農業に従事する女性の起業を支援する動きが全国で広がっている・・・という
書き出しの記事全体からは、全国的に農業に新風を吹き込んでいる農業女性の起業家の動きが伝わってきました。(私達もその一員と言う事は嬉しいです)

『農業収入は 週末に農業体験出来る施設の整備に充て 農業活性化に役立てたい』
と云う わたしの農業活性化の夢も記事にして頂けました。

 孫たちが大きくなり めったに来られなくなりました。
          別棟のゲストハウスで ゆっくり泊まりながら農業体験してください!
そして、日本の農地が将来どのような姿になっていくのか? ほんの少し想像してみてください。
・・・・・きっと、みどりの畑が広がる風景が 大切な事だと感じて頂けるでしょう。

コテージの様子は嬉しいお客様 クリックして見られます。
  週末農業、 退職後のゆとり農業 やってみませんか!
       本格農業ならもっと歓迎!  農家のお嫁さんはすごく歓迎!

********と書いていたら、郵便が届きました
     月刊誌 『旅の手帖』 が送られてきました。続きでご紹介します。

続きを読む >>

2009.04.18 19:17|メディア
                 日本の農業について(ここ山梨から・・・)
Wave 新聞 PC画面で  Washington Times にUPされて 掲載の写真(自宅で仲間と)

Farming fad takes root in Japan
Retirees, young people rekindle attachment to the land amid food-safety scares
By Takehiko Kambayashi | Friday, April 17, 2009
Friday, April 17, 2009
Farming fad takes root in Japan
Takehiko Kambayashi

掲載された新聞URL 写真の下 NEXT をクリック3枚目(日本人は顔が丸いねと言われそう と言いながらのスナップです。本当にそうでした)

Washington Timesnの記事を読む

記事の翻訳は、留学経験のある友人にこのURLを送ったら
  『私は留学でなく遊学なので・・・・これを使ってね』と
    返信で この翻訳ソフトが来ました。・・・・使いやすいです。

        おすすめ翻訳ソフト 早速、これを利用して読みました。

続きを読む >>

2009.03.09 22:31|メディア
3月11日(水) NHKテレビ 午後5:08からの ”ゆうどきネットワーク” 放映です。
取材は6日から このやまなしときめきネットショップのメンバーを
収録して最終日の今日 《フルーツの庭》にやってきました。
7人の仲間が集まって 仲間の一人が開発中の”故郷の素材を使ったお菓子”をたのしく
試食して価格・ラッピング・味はもちろんの事、商品化に向けてのシーンを収録。

取材
NHKの取材スタッフのみなさん。
商品の試食です・・・・こんなに! 沢山の商品が試食のため並びました。
収録の様子は 11日のテレビ放送でご覧いただくとして・・・・。

 終わりました。
無事終了です。 お疲れさまでした。
そして、応援していて下さったみなさま 有難うございました。

3月3日発表会の準備から・・・落ち着いた日はなく・・・心も足も30センチばかり
今までの生活よりは浮いている。
これでやっと、着地した心持です。

大切なのは自分の信じた生き方、地味だけれど毎日積まれていく僅かな誇りと
毎日繰り返されるささやかな営みから生まれる幸福の結晶。

無理に周りから理解されようともせず、意識して脚光を浴びようともせず・・・・
小さな生活から育った大きな信念は やっと芽が出たトウモロコシのようです。
黄色くぎっしり実が輝くときは嬉しいですね。
何につけても実りは、最初はだれからも注目されることなく 孤独なもの。

明日からはしっかりと足元を固めて
一時の嵐を忘れて・・・・農業は地道・手抜きなし・継続。(農業はまったく地の塩)
父に言われた『仕事に追われるな・仕事を追って行かないといいものは作れないぞ』
肝に銘じて畑に出よう。
今年は天国の父に仕事に追われてあたふたしている姿は見せたくない。
 実は、構えるほどの規模がある訳でなく、単に非力なだけなのですが苦笑
2009.03.06 15:19|メディア
新聞見たよと 今日、先生から声をかけられました。

なんと

3月3日の 山梨日日新聞の記事の事です。
恥ずかしいし、とりたてて私個人が評価を受けることもしていないし・・黙っていましたが
今日のバレエのレッスンが終わった時 先生が声をかけてくださいました。
『大事な活動をしているのね』 
『山梨はこんなに良い土地があるのに 恵まれていることを山梨の人が気がつかない』
『できることは応援するわね』・・・・・・・本当にうれしいです。

教室のお友達も 着替えの更衣室で 沢山、たくさん 理解の深い暖かい言葉をかけて
くださいました。 山梨の農地はきちんと残して次の世代にきっと伝えたい!
この思いは 毎日忙しい農作業に追われている仲間たちも同じ!

嬉しいことに バレエの友人 NINNZINN さんが 先日の甲州もろこし粉でパンを
焼いて持ってきて下さった! 感激!かんがき!大感激!
甲州もろこしのパン(初試食) トーストするとすごい香ばしい香り
早速切って焼きましたよ
 焼きたての,この何とも言えない芳ばしい香りがお届けできなくて残念です。
お味は・・・まあー。食ってみろし、旨いし絶対太らんよ!
そうなのです、トースターで香ばしく焼くと香りはもちろんサック とした触感
バターも合うわね!コーンバター????
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Hiromi

Author:Hiromi
花とフルーツに囲まれた緑の暮らし。
果物、特に桃大好き!ジューシーな本物のフルーツを食べたくて山梨で果物栽培&ドライフルーツやハーブ作りを楽しんでいます。
果樹園の暮らしはお肌も心も潤って艶やか。
★桃の花が咲くころは絶景!フルーツの庭はハーブのお花も綺麗、夏は甘い果物いっぱいの庭になります。
麗しい田舎暮らしをブログに紹介することが農地を保存するお手伝いに繋がると嬉しいですネ。
果物作りって新しい歓びが湧きますよ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ようこそカウント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。